葬儀にあたって準備するもの

お喜びと違い、不幸は突然訪れるものです。身内が亡くなった場合、慌ただしさで後になって「あそこが悪かった、もっとこうしたかった」と思うものです。準備をするのは不幸を待つようで縁起でもないと言いますが、葬儀には身内だけではなくご近所や会社関係の方なども来られることを思えば、ある程度の準備は必要でしょう。一番備えておくべきは、やはりお金でしょう。

この頃は葬儀社が明朗会計をうたい、コース料金を設定してチラシを出しています。見学会も盛んに行われていますし、会員になって費用分を積み立てる人も多いようです。次に、写真を用意しておきましょう。お年を召された方はある程度若い頃の0写真でも良いでしょう。

当日になって写真を引っ張り出して引き延ばしたら間違いで、ご兄弟の写真だった、と言うトラブルもあるようです。葬儀の際、棺に入れて欲しいものをリストアップする方もいるようです。火葬場によっては棺に入れてよいものとそうでないものが決まっていますから、予め調べましょう。会館でするのか、自宅でするのかも決めておきましょう。

昔ながらの自宅葬は減っています。地域柄どうしても自宅でという方もいらっしゃるでしょうが、片づけなども大変ですので、段取りを考えておきましょう。また、戒名に入れて欲しい字を指定しておくという人もいるようです。準備出来ることは実は沢山あるのです。

スムーズに葬儀を進めるためにも、日頃から備えをしておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*