葬儀の準備で知っておくこと

突然の家族や悲報に慌てないためにも、葬儀の準備に必要な知識を前もって知っておくのは大切なことです。まず最初に決めておくことは喪主を決めておくことです。喪主は式の代表として、故人になりかわり弔問を受ける人のことです。一般的には故人の配偶者が務める形式ですが、配偶者も不在の場合には長男・長女など血縁の濃い順序で務めます。

喪主は通夜の前には決めておく必要があります。次に葬儀の宗教形式を決めることです。仏式や神式・キリスト教式など故人の意向に沿った形で、決めておくケースが多いといえます。最近では無宗教の家族も増えていますが、そのような場合でも生前の故人の考え方などを考慮して形式を決めるのが一般的です。

次に葬儀の規模や費用などを話しあいます。近年では無理のない範囲で式を執り行い、必要最低限の手順を行いその他は簡略化するというスタイルが定番のようです。ただし生前に故人が「式は華やかに大々的にして欲しい」などと希望を伝えていた場合は、その意思を尊重することが大切です。また葬儀の日程を決める際には遠方の参列者の到着時間や、僧侶や火葬場の都合も加味して総合的に丁度良い時間帯で設定をしていきます。

通夜や告別式の式場については自宅で執り行うスタイルが一般的ですが、そのようなスペースを確保できない場合には地域の公民館や寺院などで行うことも可能です。そのような施設を使用する際には、事前に空いている日時を確認しておくなどの準備も必要になります。最近ではこのような一連の準備を全てお任せできる、葬儀会社へ依頼するケースも増えているといいます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*