喪主には色々な葬儀のための準備があります

葬儀の喪主は葬儀の主催者になります。準備から葬儀を終えるまでの期間本当に忙しく動くことになります。その期間中は、目まぐるしく物事が動いていきますので事前にしっかりと流れを準備しておく必要があります。告別式において、喪主は弔問客の対応をしなければなりません。

どこで喪主は対応しなければならないかと言いますと、それは祭壇の前です。そこに座ったままで弔問を受けることになります。お世話になった人や上司などが弔問に訪れたとしても起立する必要はありません。お悔やみの言葉をかけられることもありますが、そのような場合には、「お忙しい中、このように足を運んでくださり恐縮です」というような言葉を返すことができます。

焼香が行われている時の喪主の対応の仕方ですが、喪主は焼香が終わった人から頭を下げられた時には目礼をします。僧侶が退席する時には頭を下げるという対応します。その後、会葬者に挨拶の言葉を述べますが、その準備も事前にしておくことができます。どのような内容を盛り込んだら良いのかと言いますと、まずは会葬に出席してくださったことのお礼を含めます。

さらに生前故人がお世話になったことについてもお礼を述べることができます。それとともに遺族に対して今後も引き続きお世話になるので支援をお願いするという点を含めることができます。もし内容について不安があるならば、葬儀屋に相談することもできます。葬儀屋は会葬者への挨拶についてもよく精通していますので、相談にのってくれます。

東京のお墓のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*