永代供養ってそもそも何なの?

お墓にまつわる言葉としてあるのが「永代供養」ですが、そもそもこの永代供養とはどういった意味なのでしょうか。まず言葉の元々の意味からすると、これは永代にわたって供養を行う、つまり永遠にお墓を管理し、供養するということになります。これはお寺や霊園といったような団体が亡くなった人の家族と契約をすることでお墓を土地の中に置き、その管理を団体に対して委託するという契約です。しかし現代においてこの言葉は若干異なった意味で使われてもいます。

ではどういった点が異なるのかと言うと、現代の永代供養は永代では無いということです。全国に一歳の永代供養が無いのかと言われればそう言いきれない部分もあるのですが、少なくとも現代においては契約した一定期間において、お寺や霊園がその管理を担うというものになっています。この一定期間についてはそれぞれの契約によって異なりますが、30~50年の範囲内に収まることが一般的です。ではその年数を経過した後はどうなるのかというと、お寺や霊園によっては延長契約を結ぶことで供養の年数を延ばすことができますが、そうではない場合には無縁仏として扱われることとなります。

無縁仏とは供養する親族や縁者のいなくなった死者のことであり、現代だと「事故によって身元が確認できない」というような場合や「身よりが誰もいない状態で亡くなった」という場合に使用されがちな言葉です。しかし永代供養と言ってもその契約年数が有限である以上、誰であろうともいつかは無縁仏になることがあり得るのです。この事実は言葉の見かけや元々の意味とは異なるものであるため、お墓のことを考える際には是非覚えておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*