散骨を自分で行う方法

散骨や粉骨は業者に頼まなくてはいけないと考えている人がいますが、それは間違いで、散骨というのは特別な許可や申請が必要なものではなく、合法で自分で行えるものです。自分で行うということは、それだけ費用が安く済みますし手作りで温かみのあるオリジナルな葬送ができます。散骨は故人を自然に還す大切なことです。また、行う際は粉状にした遺骨を散布するので、埋葬行為が必要ではなく、許可や申請は不要ですが、遺骨を粉状にする行為である粉骨が必要になります。

遺骨をそのままの状態で行うと、刑法に触れる可能性が出てきます。手作業による粉骨が一番環境に優しい方法だといえるので検討すると良いです。また、自分で骨壷を開けて粉骨などをする勇気がない、家族の中に反対している人がいる、迷っているというような理由とで悩んでいる人は、自分一人で決めることが難しく、家族間で相談をしたとしても揉めてしまう場合が多くあります。そのような時は、粉骨や散骨のプロに相談をして納得がいく形で依頼をすることも一つの手です。

場合によっては、プロの方からやめた方がいいというようなアドバイスをされることもありますし、どうすることがそれぞれの家族が納得して故人を送ることができるのかということをプロは一番に考えているため、公平な目で話をしてくれます。第三者に相談をして解決することも肩の荷をおろすことになりますので、様々な方向性で物事をとらえるようにしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*