永代供養墓のあれこれ

少子高齢化の進む近年、話題になりつつある永代供養墓ですが、まさにこれからの時代の流れに沿うような供養方法でしょう。永代供養墓とは、事情によりお墓参りができない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人自体が存在しなくても、代わりにお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるというお墓です。墓石代がかからず、墓地使用料が割安になるなど、通常のお墓と比較しても経済面で良心的な傾向があります。また、例外はありますが、一般的に一式料金を支払えば、その後の管理やお布施、寄付金など一切支払わなくて済みます。

そして過去に信仰していた宗派は特に不問であることも特徴です。永代供養墓は納骨後、毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行ったり、年1回または毎月供養、命日や回忌に供養などお寺によって様々ですが、欠かさず供養してくれます。一般的に、他の人と一緒の墓または同じ納骨室等に安置されることから合祀墓、合同墓などとも呼ばれています。先祖代々のお墓を持たず、お寺による供養は合同で行われます。

永代供養墓の一式費用の内訳は、永代供養料、納骨法要のお布施、刻字料といったもので構成されており、永代供養料というのは永代にわたって供養してもらう費用のことで、永代使用料、永代管理料、納骨料などを含んでいます。刻字料というのは、墓誌に納骨者名などを彫る際に発生する費用です。お墓のつくりは、地下あるいは半地下にお骨安置用の広く大きな納骨室があり、その上に碑、仏塔などを建立したお墓や、合葬墓を備えた納骨堂などがあり、納骨された人の名前などの記録としては、複数ある様ですがやはり石板の墓誌に刻字するのが主流となっています。この様に、後継者がいなかったり、経済的な事情などで負担を軽減したいといった方にとって、永代供養墓は最適な選択肢の1つです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*