永代供養墓の意味と供養法方

永代供養墓とは、子孫などにかわって寺院などが永代に亘って供養とお墓の管理をとり行ってもらえるお墓の事を言います。20年ほど前から注目され始めた比較的新しいお墓の形態ですが、少子高齢化や核家族化が進み先祖代々のお墓を守っていく事が困難な人の急速な増加で需要も多い様です。最近では合祀墓や納骨堂もりっぱな建物で、満足の出来る内容のものがたくさんありますから、自分の理想に近いものを選ぶ事ができます。永代供養墓は普通、地下や半地下の納骨堂の上にモニュメントや仏像などを配置したものが多く、埋葬法は他の人のお骨と一緒に合祀される、一定期間の間は個別の骨壺で安置してその後合祀される、最初から永代に亘り個別に納骨されるなどなどさまざまです。

故人の名前も、石版に刻んで残す、過去帳に記載するだけにとどめて残さないなど、それぞれの寺院や霊園でさまざまな方法がとられています。最初は一般の先祖代々お墓に入り、面倒を見てくれる人がいなくなったら寺院などが世話をするという永代供養の契約も増えている様です。供養は春、秋の彼岸とお盆の年三回行われる所が多く、寺院や霊園が存続している間は続けられるので安心です。命日などの個人的な法要は、実費で行われるところが多い様です。

生前に永代供養墓に入る契約をする場合は、身内や親しい人に自分の希望を伝えて、分かり易い所に契約書を保管するようにしましょう。契約内容をしっかりと把握して、間違いのないようにしておくのが良いでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*