永代供養墓というビジネス

永代供養墓(えいたいくようばか、えいたいくようぼ)とは、なんらかの理由でお墓参りに行けない、お墓の管理ができないといった場合にお寺が代理として永代にわたり供養、管理を行ってくれるお墓のことです。これまで個人のお墓は子孫が代々継承し、管理費や墓地使用料といったものをお寺に払っていましたが、少子化、核家族化が進む現代においてお墓の継承、管理が難しくなってきたことに対応し、お寺の経営の都合上(無子孫のお墓の墓石撤去にかかる諸費用を削減など)からここ最近に生まれたビジネスであり、無縁仏が合葬されてきた「無縁塔」といったものと本質的には同じものです。一般的に永代供養墓は他の人のお骨と一緒に管理されるため、墓石代が不要です。掛かる費用は永代にわたり供養してもらうための「永代供養料」、「納骨法要のお布施(読経をはじめとする一連の儀式に対するお礼料のこと)」、「刻字料(墓誌に納骨者名などを彫る費用)」が一式で料金とされており、使用料、管理料、納骨料は含んでいます。

しかし、刻字料や納骨法要のお布施が一式外で別料金となっていたり、永代供養料も10万のところもあれば100万以上というところもあったり、はたまた同時に複数の申し込みの場合1人分のときより割安料金になったりするなどお寺によって様々ですので、利用時には問い合わせることをおすすめします。供養については、こちらもお寺によりますが毎年の彼岸やお盆の合同供養、回忌供養、毎年、毎月供養などお寺が存在する限り永代に供養してもらえます。お墓の管理も月から年に数回といった場合でも遠方のため行けない、子孫に管理の手間をかけさせるのも気がひけるといったことで、お墓を放置しておくよりは永代供養墓というビジネスに頼るのも新しい供養のかたちとなりつつあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*