永代供養墓の特徴について

永代供養墓の特徴は、他の方の遺骨と一緒に同じお墓に納骨されることです。そのため、合祀墓や共同墓とも呼ばれ、宗教や宗派に関係なく、希望すれば誰で供養をしてもらうことができます。一般的なお墓のように、墓石を置く区画が必要ありませんし、墓石を用意する必要もないので、費用もかなり安く抑えることができます。最初に永代供養墓を契約したときに、管理費などの必要な経費を全て払ってしまうので、その後は一切管理費用などの支払いが必要ありませんから、金銭的な負担も抑えることができます。

永代供養墓は、墓守りをしてくれる後継ぎがいない方や、墓自体を持っていないので入るお墓が無い方、そしてお墓という慣習や形式にとらわれたないという方を中心に注目を集めています。近年は家族形態も変わってきていますから、墓の後継ぎがいない方だけでなく、墓を継ぐことで生じる金銭的な負担を負わせるのが申し訳ないという考え方も多くなってきているので、永代供養墓を選ぶ人が増えています。お墓の継承者がいないと無縁墓になってしまいますから、早目に対策を講じたいという方もいます。永代供養墓は、遺族に代わって、お寺さんが責任を持って遺骨を管理してくれますから安心です。

お盆やお彼岸の時に合同供養を行ってくれますし、年に一度、もしくは毎月供養を行ってくれます。契約する際に、供養の仕方を確認することで、安心して遺骨を預けて供養してもらうことができるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*