一般的な葬儀の流れは

葬儀を執り行うことは、人生の中で頻繁にあることではありません。一般的な流れを知っておくと、いざという時に安心です。最近は、9割以上の人が仏式で行っています。以下は一般的な仏式においての葬儀の流れです。

多くの人は病院でご臨終を迎えることが多く、医師から死亡告知を受けると、最期のお別れをします。その後、本来は葬儀社や遺族が行う清拭や身繕いですが、病院の場合は看護師などが行ってくれます。病院からご遺体を搬送するには、葬儀社に連絡を取り、自宅や斎場への搬送をお願いします。近親者や寺院に臨終の連絡をします。

ご遺体搬送後、今後の打ち合わせを行います。喪主や世話役、会計、接待などの役割分担や近隣、関係者への連絡を行います。僧侶による枕経が行われた後は、近親者で納棺を行います。斎場で通夜や告別式を行う場合は、納棺後斎場へ搬送します。

通夜は夕刻、告別式はその翌日の午前中に執り行われることがほとんどです。告別式後は火葬場へ搬送されます。火葬は1~2時間ほどかかるため、その間に参列者に食事をもてなすことがあります。火葬が終わったら、骨壺に骨を入れる骨上げを行います。

その後、斎場や自宅で遺骨、位牌、遺影を安置し僧侶による法要が行われます。最近ではその際、一緒に初七日法要も執り行うことが多くなっています。一般的な葬儀の流れは以上のようなものですが、その後も死亡届などの必要な届け出や手続き、四十九日法要の準備、香典返しの送付、遺産相続、遺品整理などさまざまな作業があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*