永代供養墓を選ぶなら

お墓は、先祖の霊を敬い、供養するともに、その人が生きていた証を残す大切な場所です。遺骨の供養の仕方には、いろいろな方法があります。お墓を建て埋葬する方法や、共同の永代供養墓地に埋葬する方法、墓石が必要ない納骨堂に収める方法などもあります。最近は、独身で過ごす人、子供がいないなどお墓を守る人がいない、遠方に住む子供の負担を減らしたいと考える人が、増えつつあります。

そういった人の希望を受け入れ、永代供養墓が建てられるようになりました。子供や孫にかわり、お寺などの墓地の管理者が、永代にわたり遺骨を管理、供養してくれ、生前に予約しておくことができます。また、過去の宗旨、宗派を問わず、改宗することで受け入れてくれるところもあります。遺骨の納め方や墓石の形は、通常のお墓のように個別に墓をたてる単独墓タイプ、納骨場所が別々にあり、石塔などを集合させひとつのお墓の形をとる集合墓タイプ、血縁者ではない人たちが納骨され、共同の石碑などが埋葬地に建てられる共同墓タイプなどがあり、多様な形式が出現しています。

供養の期間は、33回忌までというように、期間を設けているところが多く、その方法も、お盆やお彼岸など年に数回、合同で法要を行う場合が多く見受けられます。供養の期間はお寺など墓地の管理者よって様々ですが、長い期間依頼するわけですから、経営や管理がきちんとした所を選ぶ事が大切です。そのためにも、いろいろな永代供養墓を見て、比較検討する必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*